アン・エフェクト(ブログの効用)

image001

 

 

 

 

 

たぶん、、、。

親ばなれ、子離れ出来ていると思う。

二人の娘はそれぞれ巣立ち、ひとりは天国へ、ひとりは一人暮らしをし10年経つ。

 

年老いた親を心配する子供世代がポットを使用したかどうかで親が元気にお茶を飲んだと確認するというのがあった。室内テレビで部屋をモニターし一定時間動きが無いと緊急事態という老人施設で動き続けていたのは風に揺れるカーテンというのもあった。

みまもりサービスは、専用アプリを導入したタブレット端末を持った郵便局員が高齢者宅を訪問し、睡眠や食事、服薬状況を確認した上で、離れた場所に住む家族に送信するというもの。

 

 

一般的には、公開日記、いいとこ見せ虚栄心、子育て日誌などに利用されるが、ウチの場合は、2000年から始めたブログが生存確認かと思う。親世代が更新する、子世代からいいねがくる、これで親子相互の無事が確認されるという方法がそれに当たるのではないか。

 

スマホの普及で電話もしなくなりメールで話すようにもなった。その中でシャレを飛ばし合い笑う。それはいい方法であり距離があっても通じていて更に子は一人でも生きて行ける力もついて来たのではないかと安心していた。

 

その流れで来ていたが、子が悩みを打ち明けていたのを受け止められなかったことがあった。

朝、支度をして玄関を出ようとするとやめたとなることがあると聞き、あははと笑って済ましていた。会社を休むことになる、と何回か聞いてそのたびに笑って済ませていた。

 

仕事の悩みなどがあっても掴みきれていないで会社の人事担当者からの電話で知ったことがあった。

とりあえず数ヶ月休むよう提案され、その後自分で立ち直っていった。しばらくは午前中だけ、その次の一週間は15時まで、その次は残業は無しなどと丁寧な方法で仕事場に復帰していた。

今は落ち着いていると信じて生活している。

 

 

家系が途切れる寸前なのだが重荷を背負わせないようにしなくてはならず、独り立ちさせ、親がいなくなっても大丈夫なように会わなくても平気なようにしている。親世代の生活で心配をかけないようにもしたい。先日、出勤しなくてはいけない時間に風呂に入るなどと聞き笑った。

フレックスタイム制の様に自分で出勤時間を書けばいいのと言っているので任せている。

『2009macumba』「ハビタブルゾーン」

 

日本郵政が、事業化を発表していた高齢者向けの「みまもりサービス」について、予定していたタブレット端末配布などのサービスを取りやめ、運営する子会社設立も断念するなど事業規模を大幅に縮小する方針を固めたことが24日、分かった。

 

 

二ヶ月ぶりに実家であるウチに来て、トングを持ち焼肉を焼く係りをしてくれている。隣に座った私に、皆の雑談を縫って急に聞く。

『今誰が好きなの?』

『えっ!』

『やっぱり亀梨なの?』

『いやだよ、この子は』

母親にする質問か。

『修二と彰の踊りが大好きなんだよね。あのキレが』

などと声高に正当化する。

 

ではここで、まりあの男遍歴=中谷良 萩原健一 ヒデト シーユー つんく 氷室京介 堂本剛 熊川哲也 鈴木拓 堀江貴文 亀梨和也 メンタリストDaiGoそして Dr.Kかな。

 

お墓まいりと食事と移動込みで2時間半で帰って行った。

 

 

15-0:Quinze - Zero(ケーンズ - ゼロ)

30-0:Trente - Zero(トゥラーント - ゼロ) 
40-0:Quarente - Zero(クァラーント - ゼロ)

15-15:Quinze - a(ケーンズ - ア) 
Duce:Egalite(エガリテ) 
Advantage:Avantageuse(アバンタージュ) 
Game:Jeu(ジュ)

 

母が錦織テニスを観ながらフランス語で点数を叫んでいること、

知らないでしょう⁉

 

 

 

 

 

image001